大切なお知らせ

(1)【7/1(月)9時~】価格変更のお知らせ

→詳しくはこちら

(2)商品リニューアルのお知らせ

→詳しくはこちら

(3)商品に関するご案内(2024/6)

→詳しくはこちら

(4)欠品・入荷情報

→詳しくはこちら

(5)休売間近の商品

→詳しくはこちら

(6)ご注文メールが届かない方

→詳しくはこちら

(7)不正注文への対応について

→詳しくはこちら

自然にゆだねるお酢造り

センナリは国内契約農家から仕入れる心のこもった作物を大切にします。

その素材を、昔ながらの静置発酵という製法でじっくり時間かけてお酒からお酢にします。

膨大な時間と素材が織りなすハーモニーが私たちのお酢です。

契約生産者と二人三脚のお酢造り

契約生産者は、予想ができない自然と対話しながら作物を作ります。だからこそ、実際に産地へ向かい陽射しや風、その土地のにおいを感じ生産者の方の顔をみて、同じモノづくりへの姿勢を共有します。

産地訪問記

今年もやってきました!鳥取県福部町らっきょうの産地訪問

今年もやってきました!鳥取県福部町らっきょうの産地訪問 2024年5月23日  今年も恒例となった鳥取県福部町のらっきょうの産地訪問に行ってきました。福部町は、らっきょうの名産地として全国に知られており、その美味しさと食感は他にはない特別なものです。 福部町の風景と人々 福部町に到着すると、まず目に飛び込んでくるのは広がる緑の畑と青い空。らっきょう畑が一面に広がり、自然の美しさに心が洗われるような気持ちになります。契約農家の皆さんはとても親切で、笑顔で迎えてくれました。 新物らっきょうを見せて頂きました! しっかりとした根っこからできるらっきょうは、相変わらず素晴らしいと感じました。このらっきょうが漬物となり皆様の手元にお届けできるのが楽しみです!ただし、収穫量は去年よりは少ないみたいです。 私の甥の社長室次長も自分の目で確認できて嬉しそうですね。 らっきょうの加工見学 その後は、らっきょうの加工施設を見学しました。ここでは、らっきょうを洗浄し、皮をむく工程を詳しく教えてもらいました。特に印象的だったのは、らっきょうを丁寧に扱うスタッフの皆さんの姿です。美味しいらっきょうを届けるための情熱を感じました。 最後に 今年も福部町のらっきょう産地訪問は、大変充実した時間を過ごすことができました。美しい自然と温かい人々に囲まれ、らっきょうの魅力を再発見しました。今年も美味しいらっきょう漬けをお届けしますので楽しみにしておいてください。

今年もやってきました!秋田県 大潟村 有機米産地

2023年9月18日、私たちセンナリの原点とも言える、有機純米酢「米の酢」の原料、有機米”あきたこまち”の生産地大潟村の生産者、加藤さんの元へセンナリ社長、大地が訪問しました。 訪問した日は、天気もよくさわやかな秋晴れで素晴らしい産地訪問となりました。様子をレポートしていきます。 水が豊富な産地 今年はどこの農家も自然の暑さで、高温障害が発生したり大変だったようです。 粋き活き農場は、水が豊富なので、かけ流しをして稲穂をしっかりと育てられておりました。 今年の出来は良い 主生産者様・粋き活き農場の加藤社長です。 今年の出来はよいと言っておられました。 笑顔が素敵ですね!今年もどうぞよろしくお願いいたします。 しっかりと契約をして帰りました。 この有機米”あきたこまち”を使用して、世界に羽ばたく、素晴らしいお酢を しっかりと造っていきます。   秋田県大潟村で造られる有機米”あきたこまち”で造った有機純米酢 「米の酢」360ml

青森県 有機のりんご産地にやってきました!

2023年9月17日 有機のりんごの生産者、青森県南津軽群の福田さんの農園にやってきました。今年も素晴らしいりんごを造られています。センナリ社長、大地がレポートしていきます。 美しいコスモスたち 行く道中で綺麗なコスモス畑に遭遇しました。思わず写真を撮りました。 見事に綺麗に咲いていますね。元気をもらえました! 今年も素晴らしい林檎が できました 生産者の福田さんの元に到着し、早速りんごの様子を見せて頂きました。 今年も素晴らしい林檎ができておりました。 有機りんごの生産者、福田さんもお元気そうで何よりです。 これからもよろしくお願い致します。 青森県産有機りんごで造ったこだわりの 有機純りんご酢 175ml

土づくりからはじまる亀田農園のトマトづくり

2023年5月30日、雨模様の中、私たちセンナリのドレッシング「トマト&バジルドレッシング」の製造に不可欠な"トマト"の生産者、亀田農園さんにセンナリ社長、大地が訪問しました。 亀田農園は、美しい海に囲まれた風情あふれる大崎上島にあり、センナリとは20年近くの深い絆で結ばれています。 トマトが愛情を込めて育てられていることをお伝えするためにレポートをお届けします。   橋のかかっていない大崎上島には竹原港からフェリーで  瀬戸内海に浮かぶ大崎上島は、広島県豊田郡にあり、芸予諸島の中程に位置します。古くからみかん、レモンなど柑橘の栽培や、ブルーベリーなど瀬戸内の温暖な気候を活かした農業が盛んな地域です。 当日は、あいにくの雨模様で、春の日の青空と海の青色を届けるのは難しかったです。   亀ちゃんトマトが育つ亀田農園 生産者の亀田農園は北部の港から、約15分ほどにある、島の中央部に位置します。海から少し距離があり、島ですが山間部で、自然豊かな地域でした。 山々に囲まれた自然に力あふれるエリアに立つハウス群が目印。   接木をせず栽培される「実生(みしょう)のトマト」 写真で見るだけではわからないのですが、亀田農園のトマトの第一の特徴は、接木をしないことです。接木はトマト栽培では一般的で、連作障害や病中害に強い株をつぐことで収穫量を増やすことに寄与します。つまり、接木をしない実生というのはとてもリスクがあり、珍しいことなのです。 なぜ実生で栽培しているかを亀田農園社長の亀田英壮さんにうかがいました。すると、「味と品質にこだわっているから」だそうです。   病気に強く、甘いトマトをつくるための土づくりに手間ひまをかける 亀田農園の土づくりは、まさに自然との調和。使用する土は、近くの山から集めた枯れ葉と、島内の川から採取したヨシ(手に持っている枝のようなもの)を主成分とし、それを3ヶ月かけて丁寧に混ぜ合わせて作られています。 この作業はかなり根気のいる作業ですが、亀田社長は「手間をかけると土が元気になる」と言います。そのおかげで、病害虫に弱いとされる「実生(みしょう)」でも、トマトが立派に育つのだそうです。  ...

楽しいお酢レシピ

素材を活かすセンナリ製品を楽しむ技をお伝えしています。

法人のお客様

静置発酵のお酢造りの技術を使った製品開発や、卸売りについて